会社設立相談は

会社設立、どうやってすすめるの?

会社設立相談は

会社の設立をする際に初めての会社設立の場合は特に何から手を付けてよいのか、また必要書類はどんなものなのか、スケジュールはどのような感じなのかという事など、わからないことばかりという事もございます。
そんな会社設立のポイントは、出来れば専門家に相談をしたほうがスムーズに会社の設立をすることが出来ます。

では会社の設立時に相談が出来るところは様々ではございますが、まずは地域の公的機関に相談されることが良いかもしれません。
もちろん最初から税理士や司法書士などに依頼することもできますが、なかなか初めての相談をしに行くのには敷居が高いような気がしてしまうという事もあるかもしれません。
また一口に司法書士や税理士といってもどこに行ったらよいかわからないなど、そんな時はまずは地域の商工会議所や、中小企業支援センターなどに足を運んでみると良いでしょう。
または忙しくなかなか出かけることが難しいという場合はインターネットで検索をしてください。
会社設立をサポートしてくれる会社がいくつか見つかることでしょう。
まずは第一歩を踏み出してみると良いでしょう。
まず相談に行く事で、司法書士を紹介してくれたり、税理士を紹介してくれたりと次のステップに進むことが出来ます。

会社を営んでいく上では税理士の先生に財務関係でお世話になるほうが良いですが、もちろん自力ですべてやっていく事も可能です。
そのような細かい相談もまずは会社を設立するための相談センターなどに相談してみましょう。

また登記を代行できるのは法律で司法書士のみと決まっております。
そのため登記を代行してもらうためには司法書士に依頼することとなります。
税理士や会社サポートを行っている会社でもサポートはしてもらうことが出来ますが、代理での登記は司法書士のみとなりますので、自分で行うかまたは提携している司法書士が行う事となります。

会社設立はややこしいことが多いので一度相談することをお勧めします。