会社の定款

会社設立、どうやってすすめるの?

会社の定款

会社設立には必ず登記をする必要があります。
登記とは会社を公にするという意味があります。
登記をすることにより、その会社の登記簿を誰でも閲覧ができるようになります。
また登記をした日が会社の設立日となります。

登記をするためにはまずは定款を作る必要がございます。

定款とは、会社のルール規律になります。
この定款は必ず記載しなくてはならない事項がいくつかあり、それを絶対的記載事項といいます。
絶対的記載事項は、会社の目的、商号、本店所在地、設立に際して出資される財産またはその最低額、発起人の氏名住所、発行可能株式総数。
以上が必ず記載しなくてはいけない事項になります。

またそれに加えて相対的記載事項というものがございます。
これは必ずしも記載しなくても良いのですが、そこに記載されていないと、そのことが有効にはならないといったものになります。
相対的記載事項は、変態的記載事項、株式譲渡制限に関する定め、取得請求株式に関する定め、株式発行の定め、基準日、取締役会、会計参与、監督役、会計監査人、委員会、監査役、代表取締役の設置。
取締役任期の短縮。
監査役任期の伸長。
取締役招集通知期間の短縮。
取締役会決議の省略。
役員等の責任の軽減に関する定め。
公告の方法。
以上が定款の中の相対的記載事項となります。

定款はひな形がございますので、絶対的記載事項に関しては、ひな形を参照してそれを埋めていく形にすると書きやすいでしょう。
定款を作成しましたら公証人役場でその定款の認証をしてもらう必要があります。
また提出方法ですが、電子定款と紙の定款が選ぶことが出来、電子定款の場合収入印紙代の4万円がかからないというメリットがあります。
しかしこの電子定款は個人が通常できるものではないため、電子定款を扱う司法書士などに依頼する必要があります。
依頼するとそれなりに費用は掛かりますが、電子定款は収入印紙代がかからないというメリットがありますのでかえって安くなることもしばしばです。