会社設立手順

会社設立、どうやってすすめるの?

会社設立手順

会社設立には手順に従って行う必要がございます。
意外に書類なども多く、時間がとられてしまう会社の登記ですが、司法書士は法律上登記の代行が出来ることになっております。
そのため会社の設立登記の相談を司法書士にしたり、また今後運営していくにあたり税理士事務所に相談をして、登記は提携している司法書士に依頼してくれるという事もございますので、登記は専門家に相談するというのがスムーズで確実かと思います。

また登記をサポートしてくれる会社などもございますのでそちらも併せて検討するのも良いかと思います。
もちろんそれなりの費用は掛かりますが、電子定款を扱っている場合は収入印紙代がかかりませんので、4万円紙の定款で提出するよりも経費が掛かりません。
ですので専門家に依頼したほうが経費が掛からなかったなんてこともあるようです。
検討材料にしておくと良いですね。

では自分で登記をする場合はまずは会社の定款を作ります。
会社の定款には絶対的記載事項というものがございますので、まずはそこを埋めていく事から始まります。
テンプレートを利用して記入していくとやりやすいかと思います。
定款を作りましたら公証人役場で認証してもらいましょう。
また商号が決まった時点で印鑑をオーダーしておくのがおすすめです。

定款が出来上がり認証されましたら、2週間以内に登記を法務局で行います。
またここで会社の実印となる印鑑を登録をします。
これで代表者印の登録及び登記が完了です。

また登記をすると登記簿という形で公にだれでも閲覧できるようになります。
これは一般の方も見ることが出来ますので、例えば新規のお取引の際、この会社がどんな会社なのかという事を閲覧することもできます。

登記は定款を作ってから2週間という決まりもございますので、会社設立の忙しい時期にかなりタイトなスケジュールとなりますので忘れないように注意しましょう。
また一番忘れやすい印鑑も忘れずにオーダーしておきましょう。