会社設立は未成年でも可能か

会社設立、どうやってすすめるの?

会社設立は未成年でも可能か

image

近年、若者で起業する方も多くなっており、起業するハードルは年々下がっています。
日本でも会社設立に関しては優遇している面が多いため、今後はさらに増加するはずです。
ただ、その中でさらに増えてきたのが未成年による会社設立です。
結論を言うと、未成年でも会社設立を行うことは可能となっていますし、必要な手続きさえしっかり行えば、何ら問題はありません。
そのため、何か事業計画がある方は、年齢に関わらず起業してみるというのも良いです。
もちろん、その後の経営や運営が重要となりますが、会社設立自体は難しいこともそこまでありません。
ただ、注意しておきたいこともあるので、しっかり情報は調べてから起業してください。
それこそあまり情報を集めずに会社設立をして、失敗してしまっては意味がありません。
成功のビジョンを描きつつ、その上で設立をするのであれば未成年だろうが子供だろうが起業自体は可能です。

まず発起人に関しては、特に法律で言及されているということではないため、未成年でも発起人になることが可能です。
例えば未成年が「こんな商品を作る会社があったら良いな」「面白い商品を作れる企業を思いついた」とアイディアを出せば、発起人として立てることは可能です。
ただ、15歳未満の場合は、責任を持てる発起人が他に必要となる他、手続きの方法も通常とは異なってきます。
そのため、15歳未満で会社設立する場合だけは、管轄となっている公証役場に相談することをおすすめします。
必要となってくる手続きや提出すべき書類も変わってくるだけに、実際にそれぞれの公証役場に相談した方が早いです。
その他、何か不安がある場合は専門家に相談してみてください。
会社設立のことであれば、行政書士や司法書士が頼りになります。
特に未成年の会社設立の場合は手続きも変わってくるので、専門家に相談した方が良い場合が多いです。

なお、専門家に相談する場合は、費用もかかってしまいます。
そこは実際に相談してみて考えていくのが良いかもしれません。
近年は、相談だけなら無料という行政書士や司法書士も多くなっています。
その他、未成年の場合は経営や運営についても迷うことが多いので、税理士などに税務を頼むのも良いです。
そうやって専門家の力を借りれば、より会社設立もスムーズになるのではないでしょうか。
未成年でもチャンスは平等にあるので、ぜひ企画が思い付いたら会社にしてしまうのも良いでしょう。